今回は、メインで使っているタブレットGalaxy Tab A 8 with S Pen 2019のレビュー第1弾です。
主に、外観を撮った写真と共に紹介したいと思います。

15714067546130
パッケージは、今のGalaxyと統一されてますね。
前に、Galaxy Tab S3を使っていたこともありますが、すごくシンプルな外箱でしたので、
本来なら、開封の義と行きたいのですが、届いたのが半月も前なので今回もすっ飛ばします。
因みに、中身は充電器(ただし、日本未発売機種なので、コンセントプラグは合いません)、USB Type-Cケーブル、SIMピン(買ったのはWi-FI版ですがSIMフリー版も存在します)、後はよくあるクイックスタートガイドでした。



液晶面です。買ってすぐにこちらの液晶フィルムを貼っています。
Galaxy Tab S2やS3、GALAXY Tab A with S Pen SM-P350 では、アスペクト比が4:3でしたが、
Galaxy Tab S4から、アスペクト比は16:10となってしまったので、このタブレットもアスペクト比16:10です。
個人的には、アスペクト比4:3の方が好みなのですが…
15714077993081
裏面です、マット仕様って言うのでしょうか…
Galaxy Aシリーズ自体がSシリーズの廉価版という立ち位置なので、背面はプラスチックです。
ですが、ブラスチック特有のスベスベして落としそうな感覚ではなく、肌触りよく持っていてもうっかり落とすことは無いようになってます。
15714077993112
左側面ですが、付属のピンで開けるスロットがあります。
私の持っているのは、Wi-FI版ですのでmicroSDしか入りませんが、SIMフリー版だとnanoSIMも入ります。

15714077993143
上側面は、今どきのハイエンドスマホやタブレットですら見かけることが少なくなった、イヤホン端子があります。
私は、BluetoothやTypc-Cに統一していますが、持っているイヤホン/ヘッドホンでも音楽や動画を楽しめます。

15714077993324
右側面は、電源ボタンと音量調節ボタンです。
因みに、指紋認証は搭載されおりません。
ロック解除方法としたは、顔認証かPINやパターンを使った方法となります。
15714077993385
15714077993466

本体底面ですね。
廉価帯タブレットしては、USB Type-Cを搭載しているのは、個人的に嬉しいですね。
スピーカーも付いていますが、HuaweiのMediaPadみたいに2つ付いている訳ではありませんので、
まだ、スピーカーで音を鳴らしていませんので何とも言えませんが、あまり期待はしない方が良さそうです。
何より目玉としては、底面の左側にS Penが収納できることですね。
S Penについては、また別途書きますが、Galaxy Noteシリーズみたいに、本体に収納が出来るのは大きなポイントですね。サクッと取り出して、その場でメモを取ったり、S Penの機能を使えるのは便利ですからね。


次回は、そのS Penについて書こうと思います。
読んで下さりありがとうございました。