上社灼の雑記帳

ガジェットについてあれこれレビューしたり、考察してみたりしてます、

カテゴリ: レビュー

ベンチマークの結果(こちら)は記事にして載せていますが、
改めて性能がどれくらいかを見ていこうと思います。

Geek Bench Ver.4

機種名 SoC CPUの構成シングルコアマルチコア
P20 Pro KIrin 970 A73(2.36GHz)×4+A53(1.8GHZ)×419046847
Mi Max 3 Snapdragon 636 A73(1.8GHz)×4+A53(1.6GHz)×413464865
SM-P200 Exynos 7904 A73(1.8GHz)×2+A53(1.6GHz)×613234079
Lenovo 300e MT8173C A72(2.11GHz)×2+A53(1.7GHz)×214912755
Likebook Mars RK3368 A53(1.42GHz)×4+A53(1.2GHz)×45541589
YMR8-DS MT8163 A53(1.3GHz)×45271421

となってます。
これは、big.LITTEの構成上、bigのA73のクロック数こそSnapdragon 636と同じですので、
結果も誤差の範囲ですが、マルチコアで比較すると、bigのクロック数A73のコア数が2個と少ないため、
マルチコアで差が付いてしまいました。
また、MT8173Cの方がクロック数が高いため、シングル性能では負けてしまいます。

Antutu ver.8

機種名 SoC スコアCPUGPUMEMUX
P20 Pro KIrin 970 26932481014917885705939463
Mi Max 3 Snapdragon 636 14229165007241632849424627
SM-P200 Exynos 7904 12296249422201032829625141

比較対象として、3機種上げました。
Geekbench 4で危惧したとおり、Snapdragon 636にMEMとUX性能以外では、負けてしまいました。
後述しますが、Exynos 7904には、Mali-G71の2コアがGPUとして使われています。
ハイエンドの部類には、入りますが、P20シリーズの一世代前のKirin 960でさえ、8つ搭載していますので、コア数の少なさ(とはいえ、ミッドレンジでは十分)で負けてしまいました。
MEM性能ですが、ほぼ誤差の範囲ですが、若干RAMや内臓ストレージの読み書きが早めです、
特に、UX性能ですが、ユーザーエクスペリエンスの略で、この数値が高いほど実利用時の快適さが違ってきます。
その点は、UX性能がSnapdragon 636搭載機に比べると高いのですので、ブラウジングなどには向いてるかもしれません。

PassMARK

機種名 SoC GPUの構成スコア
P20 Pro KIrin 970Mali-G72 MP12 7705
Mi Max 3 Snapdragon 636Adren 260 6384
Lenovo 300e MT8173CPowerVR GX6250 5769
SM-P200 Exynos 7904Mali-G72 MP2 5222
YMR8-DS MT8163Mali-T720 MP2 2858

PassMARKは、ざっくりいうと端末全体の性能を数値化したものです。
これだと、Mi Max 3どころか、Lenovo 300e Chromebookにすら負けてしまいます。
(ChromeOSの為、あくまでも参照値ですが)
MI Max 3の方が、RAMが多いので、ある程度の差が出ててしまいます。


まとめ
あくまで、ミッドレンジのタブレットです。
普通に8インチのタブレットが欲しい人は、MediaPad M5 lite 8を買うほうがいいと思います。
しかし、S Penという機能が欲しい、手書きメモを取りたい、簡単な絵を書きたい人がこの製品を買ったほうが良いと思います。


今回は、メインで使っているタブレットGalaxy Tab A 8 with S Pen 2019のレビュー第2弾です。
主に、S Penについて写真と共に紹介したいと思います。

先ずは、タブレットについてるS Penですが、

15714161239551
この大きさです。本体に収納出来ることも有り、コンパクトですね。
長時間、書き続けるのには向かないと思いますが、メモ取りやS Penについてるスクリーンショットの範囲を選択するといったくらいなら十分だと思われます。
15714161240052

なんとなくですが、S Penの形状が一時期使っていたGalazy Note Edgeに似ており、
Note 8までは、S Pen自体にBluetoothや電池式では無いことを知っていましたので、
せっかくなので、Note 8用のS Penを買いました。
そして、比較しました。
15714161240143

上が購入したNote 8用のS Penで、下がタブレットに付いていたS Penです。
長さのボタンの位置も何もかも一緒ですね。
つまり、流用出来ますね。
一応、替え芯もついてますが、紛失したときは、Note 8用のS Penを買えば使えるのは、とても助かりますね。

さて、今度は賭けですが、
付属してるS Penでも構わないのですが、長時間使っているには不向きです。
まして、絵を描くとなると大きな…もっと言うと鉛筆くらいのペンがあればと思いませんか???
実は、あるんですよ。これです。
S Pen

S Pen 2

ただ、Note 8対応とは明記されてませんし、Galaxy Tab Aとは書いてあっても、この機種では使えるかどうか不明なので、実際に買いました。
15714161240527
15714161241738

そして、普通に認識しますし、実際に賭けます。
15714161242079
字が下手なのは、スルーしていたがけると助かります。
最近、物を書く機会が少ないものですので…


普通に書けますし、これならペン代込でも40000円で済むので、どうしてもAndroidでって言う人にはおすすめですね。

もちろん、どっちのペンでもお馴染みのこれも使えますし、
15714161240305_1

Keepで書いたメモを他のAndroid端末やChromebookなどで共有も出来ますし、
手頃な手書きが出来るタブレットを探してる人の参考になれれば、幸いです。

今回は、メインで使っているタブレットGalaxy Tab A 8 with S Pen 2019のレビュー第1弾です。
主に、外観を撮った写真と共に紹介したいと思います。

15714067546130
パッケージは、今のGalaxyと統一されてますね。
前に、Galaxy Tab S3を使っていたこともありますが、すごくシンプルな外箱でしたので、
本来なら、開封の義と行きたいのですが、届いたのが半月も前なので今回もすっ飛ばします。
因みに、中身は充電器(ただし、日本未発売機種なので、コンセントプラグは合いません)、USB Type-Cケーブル、SIMピン(買ったのはWi-FI版ですがSIMフリー版も存在します)、後はよくあるクイックスタートガイドでした。



液晶面です。買ってすぐにこちらの液晶フィルムを貼っています。
Galaxy Tab S2やS3、GALAXY Tab A with S Pen SM-P350 では、アスペクト比が4:3でしたが、
Galaxy Tab S4から、アスペクト比は16:10となってしまったので、このタブレットもアスペクト比16:10です。
個人的には、アスペクト比4:3の方が好みなのですが…
15714077993081
裏面です、マット仕様って言うのでしょうか…
Galaxy Aシリーズ自体がSシリーズの廉価版という立ち位置なので、背面はプラスチックです。
ですが、ブラスチック特有のスベスベして落としそうな感覚ではなく、肌触りよく持っていてもうっかり落とすことは無いようになってます。
15714077993112
左側面ですが、付属のピンで開けるスロットがあります。
私の持っているのは、Wi-FI版ですのでmicroSDしか入りませんが、SIMフリー版だとnanoSIMも入ります。

15714077993143
上側面は、今どきのハイエンドスマホやタブレットですら見かけることが少なくなった、イヤホン端子があります。
私は、BluetoothやTypc-Cに統一していますが、持っているイヤホン/ヘッドホンでも音楽や動画を楽しめます。

15714077993324
右側面は、電源ボタンと音量調節ボタンです。
因みに、指紋認証は搭載されおりません。
ロック解除方法としたは、顔認証かPINやパターンを使った方法となります。
15714077993385
15714077993466

本体底面ですね。
廉価帯タブレットしては、USB Type-Cを搭載しているのは、個人的に嬉しいですね。
スピーカーも付いていますが、HuaweiのMediaPadみたいに2つ付いている訳ではありませんので、
まだ、スピーカーで音を鳴らしていませんので何とも言えませんが、あまり期待はしない方が良さそうです。
何より目玉としては、底面の左側にS Penが収納できることですね。
S Penについては、また別途書きますが、Galaxy Noteシリーズみたいに、本体に収納が出来るのは大きなポイントですね。サクッと取り出して、その場でメモを取ったり、S Penの機能を使えるのは便利ですからね。


次回は、そのS Penについて書こうと思います。
読んで下さりありがとうございました。

今回は、イヤホンのレビューです。
前々から、Tyce-Cイヤホンが気になっておりました。
しかし、Bluetoothのイヤホンやヘッドホン、家ではBluetoothスピーカーと無線で統一していたので、
優先順位としては、低かったのですが、
先日、池袋に行ったときにうっかりノイズキャンセリング付きのヘッドホンを持っていくのを忘れてしまいた。

人混みが苦手で、ざわざわしている所に行くときは、必ずヘッドホンを持ち歩かないと、気分が悪くなってしまうので、常用しているのですが、寝ぼけていたのでしょう。うっかり忘れてしました。

いつもなら、サブで持ち歩くイヤホンも持っておらず途方に暮れていました。

しかし、池袋のじゃんぱらさんで、Huawei Classic Earphones USB-C Editionが店頭で980円で売っていました。これでもいいかなと、サンプルが置いてありましたので、Black Shark 2に挿してみた所、
普通に使えましたので、これでもいいかなと思いましたが、お店の中をじっくり見てみると、
Huawei Active Noise Cancelling Earphones 3が2980円で売ってました。

一通り、買う前にレビュー記事に目を通すのですが、どうやら国内で売っている物ではないため、
あまりレビュー記事はヒットしませんでした。
しかし、2000円足すとアクティブノイズキャンセルが付くので2000円足して購入しました。


15711817189630
15711817191243

15711817190621

15711817191304

箱表面には、Hi-Resとノイズキャンセルの記述とUSB Type-C Plugという記述があります。
裏面の記述には、日本語記載がありません。
ですので、国内で扱っている商品では無いみたいです。
HuaweiのP20,P20 Pro,Mate 10,Mate 10 Proだとこのイヤホンとの相性が良いという記述がありますが、
普通に手持ちのBlack Shark 2やMi Max 3、Galaxy Tab A with S Pen(2019)でも使えます。
15711817191132
中身は、ヘッドホン本体と説明書(日本語記載なし)、イヤーピースです。
15711817191345
至って普通のイヤホンですね。
15711817191426
+ボタンが音量アップボタン、ーボタンが音量ダウンボタン、真ん中が再生と一時停止ボタンですね。
15711817191967
横のこのボタンがノイズキャンセルのスイッチです。
スマホ接続時に、緑色に光っていれば、ノイズキャンセルがオンになっています。

音の良し悪しは主観にも委ねられる部分がありますし、スマホによっては音響効果も付いてきますので、
判断は難しいところですが、3000円切りでノイズキャンセルもついていますし、音も悪くはないと思います。
手頃なTyce-Cイヤホン+ノイズキャンセル付きを探しているのであれば、オススメですね。

電子コミック読みまくリーダー(長いため、以下型番であるYMR8-DSと書きます)のレビュー第3弾(最終回)です。
今回は、スペックと使えるアプリについてです。

まず、スペックからです。
YMR8-DSのSoCは、MeediaTekのMT8163についてですが、
ARM Cortex-A53の1.3GHzのクアッドコアです。
採用例として、AmazonのFire HD 8、ZenPad 8(Z380M)が有名です。
Snapdragonで例えると、Snapdragon 410に近いスペックです。

Antutuベンチマークが動きませんでしたので、今回は手持ち機種とGeekbench 4で比較してみました。

機種名 SoC CPUの構成シングルコアマルチコア
Black Shark 2 Snapdragon 855 A76(2.84GHz)×1+A76(2.42GHz)×3+A55(1.8GHZ)×4354310460
Mi Max 3 Snapdragon 636 A732(1.8GHz)×4+A53(1.6GHz)×413464865
SM-P200 Exynos 7904 A73(1.8GHz)×2+A53(1.6GHz)×613234079
Lenovo 300e MT8173C A72(2.11GHz)×2+A53(1.7GHz)×214912755
Likebook Mars RK3368 A53(1.42GHz)×4+A53(1.2GHz)×45541549
YMR8-DS MT8163 A53(1.3GHz)×45271421
参考対象 Snapdragon 410 A53(1.2GHz)×45001300
Fire 7(2017) MT8127 A7(1.3GHz)×44461202
※SM-P200は、Galaxy Tab A 8.0 (2019) with S Pen S

※Lenovo 300eは、Lenovo 300e Chromebook(Chrome OS)
MT8163Cは、Chromebook用に最適化されてますが、MT8173自体はFire HD 10の第7世代に搭載されています。

※RockChip RK3368は、Snapdragon 430に近い構成のSoCです。

となりました。
低クロックのクアッドコアの構成の為、今だとエントリースペックとなります。
しかし、Fire 7(2017/2015)のMT8127よりは高く、こちらの製品から乗り換えなら十分選択肢に入ると思います。


アプリについて、

15709379026760
当方は、少しカスタマイズして、スマートランチャー Pro 3を使っています。
電子書籍や自炊に使う、Amazon Kindle、楽天Kobo、Perfect Viewr、SIdebooks、読書尚友、青空文庫ビューア、DMMブックスなども使えます。
また、Chrome、Google KeepやGoogle スプレッドシート、Google ドキュメント、Google ドライブ、GoogleカレンダーといったGoogle関連のアプリも使えます。
けれど、プリインストールとては、Gmail Go、Google Go、Google Map Goが入っており、普通の「Google」アプリは使えません(Gmailは可能)。

また、ツイッターアプリ(当方はツイタマ+使い)やTumblr、Facebook、Mastodonクライアント(当方はTrusky)と言ったSNSアプリもインストール可能です。
(Facebookに関しては、Lite板やサードパーティクライアントが良さそうです)

ブラウザこそChromeが使えますが、ブラウジングをしたいのならOpera mini、Viaと言った軽いブラウザも入れておくといいと思います。

また、使う人には使うアプリ、SmartNewsやPocket、ウェザーニュース、Pushbullet、Discord、Dropbox、トリセツ、ニューススイート、Todoisといったアプリも普通に使えます。

日本語入力アプリは、初期設定ではGbordですが、(当方愛用の)flick、Google 日本語入力、Simeji、ATOKなどもインストール可能です。


ここまで、一通りレビューしてきましたが、Go Editionのおかげか意外とサクサク動いてて驚いています。しかし、低スペックには代わり有りませんので、サブ端末やビューア端末として割り切って使うほうが良さそうです。
ただ、Google Playでもほとんどのアプリがインストール出来ます。
快適に使えるかはまた別の話になりますが、最低限の電子書籍やビューアとして使うアプリは普通に使えますので、特に問題はないかなと思います。

以上で、ドンキホーテの電子コミック読みまくリーダーのレビューをお終いとさせてさせていただきます。

↑このページのトップヘ