上社灼の雑記帳

ガジェットについてあれこれレビューしたり、考察してみたりしてます、

カテゴリ: 考察/オススメ

Geekbench4と5、Antutu v8、PassMARKETER(Perfomance)のスコア(実測値)のまとめです。


Ver.5

機種名 SoC CPUの構成シングルコアマルチコア
Black Shark 2 Snapdragon 855 A76(2.84GHz)×1+A76(2.42GHz)×3+A55(1.8GHZ)×44692137
P20 Pro KIrin 970 A73(2.36GHz)×4+A53(1.8GHZ)×43871686
Mi Max 3 Snapdragon 636 A732(1.8GHz)×4+A53(1.6GHz)×42791224
SM-P200 Exynos 7904 A73(1.8GHz)×2+A53(1.6GHz)×6274951
Xpria X Compact Snapdrago 650 A73(1.8GHz)×2+A53(1.6GHz)×4281830
V20 Pro Snapdrago 820 Kryo×2(2.15GHz)+Kryo(1.6GHz)×2273600
Nexus 6P Snapdrago 810 A57(1.96GHz)×4+A53(1.56GHz)×4227527

Ver.4

機種名 SoC CPUの構成シングルコアマルチコア
Black Shark 2 Snapdragon 855 A76(2.84GHz)×1+A76(2.42GHz)×3+A55(1.8GHZ)×4354310460
P20 Pro KIrin 970 A73(2.36GHz)×4+A53(1.8GHZ)×419046847
Mi Max 3 Snapdragon 636 A73(1.8GHz)×4+A53(1.6GHz)×413464865
SM-P200 Exynos 7904 A73(1.8GHz)×2+A53(1.6GHz)×413234079
Xpria X Compact Snapdragon 650 A72(1.8GHz)×2+A53(1.2GHz)×414133541
Lenovo 300e MT8173C A72(2.11GHz)×2+A53(1.7GHz)×214912755
Nexus 6P Snapdrago 810 A57(1.96GHz)×4+A53(1.56GHz)×48732384
V20 Pro Snapdrago 810 Kryo(2.15GHz)×2+Kryo(1.6GHz)×212232305
SH-01H Snapdragon 808 A57(1.8GHz)×2+A53(1.4GHz)×45061671
Likebook Mars RK3368 A53(1.42GHz)×4+A53(1.2GHz)×45541589
Lenovo Tab 8 MT8735 A53(1.3GHz)×46011594
YMR8-DS MT8163 A53(1.3GHz)×45271421

Antutu v8

機種名 SoC スコアCPUGPUMEMUX
Black Shark 2 Snapdragon 855 3986551257051710054892053025
P20 Pro KIrin 970 26932481014917885705939463
Mi Max 3 Snapdragon 636 14229165007241632849424627
SM-P200 Exynos 7904 12296249422201032829625141
Xpria X Compact Snapdragon 650 11521351302166182779719296
Lenovo 300e MT8173C 10866145178測定不能4008523398
V20 Pro Snapdragon 820 9385830848188942716016956
Nexus 6P Snapdragon 810 7384119875218001899814201
SH-01H Snapdragon 808 652942228691652070313470
Likebook Mars RK3368 2347112018測定不能75913862

PassMARK

機種名 SoC GPUの構成スコア
Black Shark 2 Snapdragon 855Adren 640 8717
P20 Pro KIrin 970Mali-G72 MP12 7705
Mi Max 3 Snapdragon 636Adren 509 6384
Lenovo 300e MT8173CPowerVR GX6250 5769
V20 Pro Snapdragon 820Adreno 530 5340
SM-P200 Exynos 7904Mali-G72 MP2 5222
Xpria X Compact Snapdragon 650Adreno 510 4918
Nexus 6P Snapdragon 810Adreno 430 4341
SH-01H Snapdragon 808Adreno 418 3483
YMR8-DS MT8163Mali-T720 MP2 2858
Lenovo Tab 3 MT8735Mali-T720 MP2 2827

Geekbench4と5、Antutu v8、PassMARKETER(Perfomance)のスコア(実測値)のまとめです。


Ver.5

機種名 SoC CPUの構成シングルコアマルチコア
Black Shark 2 Snapdragon 855 A76(2.84GHz)×1+A76(2.42GHz)×3+A55(1.8GHZ)×44692137
P20 Pro KIrin 970 A73(2.36GHz)×4+A53(1.8GHZ)×43871686
Mi Max 3 Snapdragon 636 A732(1.8GHz)×4+A53(1.6GHz)×42791224
SM-P200 Exynos 7904 A73(1.8GHz)×2+A53(1.6GHz)×6274951

Ver.4

機種名 SoC CPUの構成シングルコアマルチコア
Black Shark 2 Snapdragon 855 A76(2.84GHz)×1+A76(2.42GHz)×3+A55(1.8GHZ)×4354310460
P20 Pro KIrin 970 A73(2.36GHz)×4+A53(1.8GHZ)×419046847
Mi Max 3 Snapdragon 636 A732(1.8GHz)×4+A53(1.6GHz)×413464865
SM-P200 Exynos 7904 A73(1.8GHz)×2+A53(1.6GHz)×613234079
Lenovo 300e MT8173C A72(2.11GHz)×2+A53(1.7GHz)×214912755
Likebook Mars RK3368 A53(1.42GHz)×4+A53(1.2GHz)×45541589
YMR8-DS MT8163 A53(1.3GHz)×45271421

Antutu v8

機種名 SoC スコアCPUGPUMEMUX
Black Shark 2 Snapdragon 855 3986551257051710054892053025
P20 Pro KIrin 970 26932481014917885705939463
Mi Max 3 Snapdragon 636 14229165007241632849424627
SM-P200 Exynos 7904 12296249422201032829625141
Lenovo 300e MT8173C 10866145178測定不能4008523398
Likebook Mars RK3368 2347112018測定不能75913862
YMR8-DS MT8163 測定不能測定不能測定不能測定不能測定不能

PassMARK

機種名 SoC GPUの構成スコア
Black Shark 2 Snapdragon 855Adren 640 8717
P20 Pro KIrin 970Mali-G72 MP12 7705
Mi Max 3 Snapdragon 636Adren 260 6384
SM-P200 Exynos 7904Mali-G72 MP2 5222
Lenovo 300e MT8173CPowerVR GX6250 5769
Likebook Mars RK3368PowerVR G6110 測定不能
YMR8-DS MT8163Mali-T720 MP2 2858

Geekbenchのスコア(実測値や調べてみて出てきたものも含めた)のまとめです。
Ver.5(太字は実測値)

機種名 SoC CPUの構成シングルコアマルチコア
Black Shark 2 Snapdragon 855 A76(2.84GHz)×1+A76(2.42GHz)×3+A55(1.8GHZ)×44692137
Mi Max 3 Snapdragon 636 A732(1.8GHz)×4+A53(1.6GHz)×42791130
SM-P200 Exynos 7904 A73(1.8GHz)×2+A53(1.6GHz)×6274991

Ver.4(太字は実測値)
機種名 SoC CPUの構成シングルコアマルチコア
Black Shark 2 Snapdragon 855 A76(2.84GHz)×1+A76(2.42GHz)×3+A55(1.8GHZ)×4354310460
Mi Max 3 Snapdragon 636 A732(1.8GHz)×4+A53(1.6GHz)×413464865
SM-P200 Exynos 7904 A73(1.8GHz)×2+A53(1.6GHz)×613234079
SAMURAI REI MT6753 A53(1.5GHz)×4+A53(1.3GHz)×46202861
Lenovo 300e MT8173C A72(2.11GHz)×2+A53(1.7GHz)×214912755
Xiaomi Redmi 6 Helio A22 A53(2.0GHz)×48172382
Zenfone Max Plus M1 MT6750 AA53(1.5GHz)×4+A53(1.0GHz)5912327
Likebook Mars RK3368 A53(1.42GHz)×4+A53(1.2GHz)×45541549
YMR8-DS MT8163 A53(1.3GHz)×45271421
Zenfone 2 laser Snapdragon 410 A53(1.2GHz)×45231365
Fire 7(2017) MT8127 A7(1.3GHz)×44461191

MediaTek社のHelio A22(NT6761)というSoCがあります。
仕様が、表の通りクアッドコアのエントリークラスなのですが、
気になった記事がありまして、CPU性能ではオクタコアのMT6750を超えると書いてありました。
調べてみると、MT6750のAntutuを掲載した別の記事も見つけましたので、見比べて見ました。
やはり、クアッドコアのHelio A22の方が超えてます。

そこで、Helo A22とMT6750と同じオクタコアのMT6753の3つをGeekbench 4で比較しようと思います。
その前に仕様を以下の通りです。
                        <
比較対象 Helio A22 MT6750MT6753
CPU A53(2.0GHz)×4A53(1.5GHz)×4+A53(1.0GHz)×4A53(1.5GHz)×4+A53(1.3GHz)×4
GPU IMG PowerVR GE8300Mali-T860 MP2@520MHzMali-T720 MP4@720MHz
プロセスルール 12nm28nm28nm
製造時期 2018Q22016Q22015Q3

Helio A22以外は、big-LITTLE構成のオクタコアでARMのMaliというGPUを使っており、プロセスルールも28nmです。
Hello A22は、Imaginatio Technologies社のPower VRを使っており、現行製品であり、高クロックのクアッドコアかつ、プロセスルールも12nmと細かいです。

比較対象の機種 Helio A22 MT6750MT6753
機種名 Xiaomi Redmi 6Zenfone Max Plus M1SAMURAI REI
シングルコアのスコア 817591620
マルチコアのスコア 238223272861
シングルコアは、同じA53ぼCPUを使っているため、クロックが高いHelio A22に軍配が上がります。
マルチコアでみても、MT6750には僅差で勝っていますが、MT6753には負けています。
MT6750は、LITTLE側が1.0GHzと低いく、LITTLE側が1.3GHzと高いMT6753に負け、
1.0GHzと低クロックの為、クロック数が2.0GHzと高いHelio A22に僅差で負けてしまったのだと考えられます。

GPUこそ、MT6750はハイエンドのMali-T860、MT6753は一世代前のミドルレンジのMali-720を積んでますが、Antutu v6では、MT6753の方がGPUスコアが高いです。
では、Geekbench 4のスコアを見ても、MT6750が4755でMT6763が5287と負けてしまいます。
考えられる理由として、コア数がMT6763の半分かつクロックも比べると低く設定されてるからでしょうね。

MediaTekのナンバリングが、高いほど高性能であるとすると納得なのですが、
後発のMT6750が劣ってしまうのは…

ただ、MT6753を搭載したSAMURAI REIのバッテリー持ちは、あまり良くなかったと聞いたことありますし、MT6750の方は、Zenfone Max Plus M1やSAMURAI RAIJINなど大容量バッテリー搭載を謳った機種にも使われいるので、MT6750は省電力に重きを置いたSoCと考える方が良いかもしれないですね。

電子コミック読みまくリーダー(長いため、以下型番であるYMR8-DSと書きます)のレビュー第3弾(最終回)です。
今回は、スペックと使えるアプリについてです。

まず、スペックからです。
YMR8-DSのSoCは、MeediaTekのMT8163についてですが、
ARM Cortex-A53の1.3GHzのクアッドコアです。
採用例として、AmazonのFire HD 8、ZenPad 8(Z380M)が有名です。
Snapdragonで例えると、Snapdragon 410に近いスペックです。

Antutuベンチマークが動きませんでしたので、今回は手持ち機種とGeekbench 4で比較してみました。

機種名 SoC CPUの構成シングルコアマルチコア
Black Shark 2 Snapdragon 855 A76(2.84GHz)×1+A76(2.42GHz)×3+A55(1.8GHZ)×4354310460
Mi Max 3 Snapdragon 636 A732(1.8GHz)×4+A53(1.6GHz)×413464865
SM-P200 Exynos 7904 A73(1.8GHz)×2+A53(1.6GHz)×613234079
Lenovo 300e MT8173C A72(2.11GHz)×2+A53(1.7GHz)×214912755
Likebook Mars RK3368 A53(1.42GHz)×4+A53(1.2GHz)×45541549
YMR8-DS MT8163 A53(1.3GHz)×45271421
参考対象 Snapdragon 410 A53(1.2GHz)×45001300
Fire 7(2017) MT8127 A7(1.3GHz)×44461202
※SM-P200は、Galaxy Tab A 8.0 (2019) with S Pen S

※Lenovo 300eは、Lenovo 300e Chromebook(Chrome OS)
MT8163Cは、Chromebook用に最適化されてますが、MT8173自体はFire HD 10の第7世代に搭載されています。

※RockChip RK3368は、Snapdragon 430に近い構成のSoCです。

となりました。
低クロックのクアッドコアの構成の為、今だとエントリースペックとなります。
しかし、Fire 7(2017/2015)のMT8127よりは高く、こちらの製品から乗り換えなら十分選択肢に入ると思います。


アプリについて、

15709379026760
当方は、少しカスタマイズして、スマートランチャー Pro 3を使っています。
電子書籍や自炊に使う、Amazon Kindle、楽天Kobo、Perfect Viewr、SIdebooks、読書尚友、青空文庫ビューア、DMMブックスなども使えます。
また、Chrome、Google KeepやGoogle スプレッドシート、Google ドキュメント、Google ドライブ、GoogleカレンダーといったGoogle関連のアプリも使えます。
けれど、プリインストールとては、Gmail Go、Google Go、Google Map Goが入っており、普通の「Google」アプリは使えません(Gmailは可能)。

また、ツイッターアプリ(当方はツイタマ+使い)やTumblr、Facebook、Mastodonクライアント(当方はTrusky)と言ったSNSアプリもインストール可能です。
(Facebookに関しては、Lite板やサードパーティクライアントが良さそうです)

ブラウザこそChromeが使えますが、ブラウジングをしたいのならOpera mini、Viaと言った軽いブラウザも入れておくといいと思います。

また、使う人には使うアプリ、SmartNewsやPocket、ウェザーニュース、Pushbullet、Discord、Dropbox、トリセツ、ニューススイート、Todoisといったアプリも普通に使えます。

日本語入力アプリは、初期設定ではGbordですが、(当方愛用の)flick、Google 日本語入力、Simeji、ATOKなどもインストール可能です。


ここまで、一通りレビューしてきましたが、Go Editionのおかげか意外とサクサク動いてて驚いています。しかし、低スペックには代わり有りませんので、サブ端末やビューア端末として割り切って使うほうが良さそうです。
ただ、Google Playでもほとんどのアプリがインストール出来ます。
快適に使えるかはまた別の話になりますが、最低限の電子書籍やビューアとして使うアプリは普通に使えますので、特に問題はないかなと思います。

以上で、ドンキホーテの電子コミック読みまくリーダーのレビューをお終いとさせてさせていただきます。

↑このページのトップヘ