上社灼の雑記帳

ガジェットについてあれこれレビューしたり、考察してみたりしてます、

カテゴリ: 雑記

今回は、イヤホンのお話です。
この前、Huaweiのアクティブノイズキャンセリング付きのイヤホンをレビューしたと思うのですが、
イヤーピースを変えても、すぐに落ちてきてしまうんです。
前に紹介した、SoundPEATS TrueFree+やXiaomiのredmi AirDotsという完全ワイヤレスイヤホンも合うイヤーピースが無く、よく落としてしまうのが難点でした。

けれど、この前…P20Proを買う際に立ち寄ったじゃんぱらで、
15722186999990
これが置いてあり、税込み980円ということもありせっかくならと思い購入しました。
15722187000381

俗に言う、インナーイヤー型イヤホンですね。
代表例は、AppleさんのEarPodsがあります。

これが、凄くフィットして、有線ですので、コードの引っ掛かりなどで落ちてしまうことはあるのですが、自然と抜けてくるだとか、少し動いても落ちないって言う点で、かなり気にってます。
ただ、有線接続ですので、充電時には使えません。

ですので、金曜のイベントの時、知人から貰った首掛けのBluetoothイヤホン。
15722187000532
恐らく、これでしょうね。

それも貰い、Bluetoothで音楽を流すと相性問題が多い僕のP20 Proさんでも普通に使え、
かつ、低音の響きが少し弱いかなとは思いつつも、耳にジャストフィットなので、
外出する際は、このBluetoothイヤホンにしつつ、
持っていた、相性問題で駄目だったノイズキャンセリング付きヘッドホンは、Galaxy Tab A 8.0 with S Penに繋ぐことにしました。

後は、このインナーイヤー型イヤホンで予備が欲しいなとは思いつつも、
今の所は、金欠ということもありじっくり探してから、見つけようと思います。




先日、Huaweiさんのハロウインイベントに行きました。
(詳細ページは、こちら)

イベント内容は、簡易検査とHuawei推奨の保護フィルムの貼り付け、貼り替えです。
僕は、都内在住なので銀座店に行きました。

その前に、僕の所有しているのが、キャリア版のP20Proですので、
簡易検査(簡易検査しないと保護フィルムの貼り替えはしてくれない)をやってくれるのかどうか、
事前にHuaweiカスタマーサービスに連絡を取り、わざわざ、Huaweiカスタマーサービスさん方から銀座店に確認を取り、可能であることを確認した上で行きました。
主にSIMフリーの機種が対象なので、キャリア版はどうなのかなと念には念を入れておきました。


金曜の13時ということもあり、スムーズに受付してくれました。
スマホ一台で、簡易検査と保護フィルム貼り替えで一時間半掛かりました。
スマホとタブレットを持ち込んだ、東京に来ていた知人は、2時間半くらい掛かりました。

簡易検査自体は、Huawei製品の国内で流通したタブレットとスマートフォンをこのイベント期間は無料でしてくれます。
ただ、保護フィルムの貼り付け&貼り替えは、スマートフォンのみが対象です。


中古で買ったことも有り、外装に少し目立つ傷があるくらいでしたが、内部までは見てもらないと…
って思っていた所に、知人から誘われて行った次第ですね。

保護フィルムもP20Pro専用のはずなのに、何度貼り直しても、指紋認証の部分が合わず、
上手く貼れても、やっぱり指紋認証のサイズが合わず、気泡も入ってしまっていた…
上記の中古で購入した点と目立つ気泡が入ったサイズの合わない保護フィルムを貼り替えてもらうのもあり、見てもらいました。


結論として、簡易検査の結果は特に問題ありませんでした。
懸念していた、Bluetoothヘッドホンを繋ぐと音が聞こえなかったり、途切れるのは、特にBluetooth自体に問題はなく、製品との相性問題との事でした。
フィルムも綺麗に貼り直されており、特に不満点は有りませんでした。


後、撮影禁止だったので、写真はありませんが、
現行SIMフリー機種(少し古めのnova lite 2も)の純正ケースは普通に置いてありました。
保護フィルムや強化ガラス等も現行機種ならある程度揃ってました。

簡易検査してもらうと、NMカードかHuawei純正のSuperChargerに対応するACアダプターが半額で買えるキャンペーンもしていましたが、
NMカードは、僕のP20Proでは使えず、ACアダプターの方は確実なのはdocomoのものを買うのが一番で、このACアダプターが急速充電に対応するかは不明。
かつ、知人のMate 10 liteは、SuperChargerもNMカードも非対応とのことで、これは見送らせてもらいました。

そんなイベントの報告でした。

いつもと言っても、セール品で興味あるものは、つい買ってしまう上社です。
今回は、Mi Max 3を売って…Mi Max 3自体、少し挙動が怪しかったかつ貰い物なのですが、今は絶縁した人からなので、持ってるとその人のことを思い出すのも有り、売り払いました。

それで、買ったものとして、
15722093278542

多分、イオシスさんのツイートを見ている人は察しが良いと思います。
例のGoogle Homeです。税込みで2980円のBランク品です。
これの告知を見た時、通販で買うと思いましたが、
既に在庫切れでヤケクソに買った。Amazon Echo(後々気づいたこととして、初代でした)が税込1980円に送料付けて、3000円切りでした。


特にイオシスさんは、秋葉原を主に拠点と置いており、
同じ様なものを取り扱うじゃんぱら(秋葉原地区)では、Google Homeの中古Aランクが、3480円でした。
Google Home miniの新品は、そこそこ置いてあり、2000円~2500円といった具合ですね。

まぁ、Bランクとはいえ、特に目立つような傷とかは有りませんでした。
イオシスさんは、外装の面が厳しく、塗装剥がれや傷があるとCランク扱いになりますね。
じゃんぱらさんは、傷の度合いやお店にもよって判断バラバラですが、
意外とイオシスでは、CでもじゃんぱらだとBランク扱いになることだってあります。

ただ、外装からの動作確認が早いのはイオシスですね。
外装みつつ動作確認が少し時間かかりますが、異常があれば減額になるじゃんぱらと言った所でしょうか?
(じゃんぱらはよくお世話になるので、スマホ一台でも30分~1時間かかることなんてザラなので…
イオシスさんは、スマホ一台なら、20分も掛からない印象があります。
無論、どちらも混んでない時が前提の時間です。)


それと、タブレット端末かつYmobileの回線が使えるLenovo Tab 3を買いました。
(Mi Max 3にYmobileのSIMを刺していましたので…)

Lenovo Tab 3の方は、公式ではmicroSDは200GBまで対応なのですが、
僕が持っていた、512GBのも対応していましたので、動画や音楽を消費するコンテンツとして使う予定です。(スペック自体がローエンドですが、ドルビーアトモス搭載かつ僕の所持してるGalaxy Tab Aより、本体スピーカの位置がいいですので。)


スマートスピーカー自体は、Google Home miniとAmazon Echo dotを触ったことはあるのですが、
これをBluetoothで繋いで、音楽や動画のスピーカー代わりとして使いつつも、
スマートスピーカー本来の使い方をあまり試したことありませんでしたので、
両方を置いて、AlexaとGoogleアシスタントの良さなり欠点なりを試してみたいなぁと思って、


また、メイン機のP20Pro(別の記事にまとめますが)、Bluetooth自体は異常はないのですが、つなぐ機種によっては、音がブツブツ切れたり、音が聞こえない問題があり、Google Homeならどうかなと思いましたが、駄目でした…

相性問題が多すぎますね…僕のP20Pro。
所有しているBluetooth機器(ノイキャン付きヘッドホン、Redmi AIr dot、Amazon Echo、Google Home)は合わず…とはいえ、Mi Band 4やAmaiz fitは普通にペアリング出来ますし、
金曜日に合わないので貰ったインナーイヤー型のBluetoothイヤホンでは、問題有りませんでした(これもも別記事にまとめます)。


取り敢えず、アシスタント機能について、色々遊べそうなものが手に入ったので、使い倒していこうと思います。

今日はレビューでも考察でも何でもないただの日記です。

はい、ここで唐突なのですが、Black Shark 2や諸々(MI Max 3やLikebook mars,Galaxy Tab Aは手元にあります)を売りました。
気に入ってはいたのですが、リリースされた当初からずっと気になってて、ずっと欲しかった機種を買うためです。

その前に、
私がガジェットに興味を持ち始めたのが、初めて持ったスマートフォンがASUSのZenFone 5(初代…Snapdragon 400,RAM2GB,ROM16GB)でした。
初めてスマートフォンを持った時は、こんな小さなものでブラウジングやSNSが出来て、感動しましたね。
ただ、扱いが初めてだったのもあり、雑なのは否めませんでした。
充電端子がグラついて、充電できなくなる不具合が発生しました。
その頃には、後継機のZenfone 2は出ており、
もっと画面が大きいと見やすさ(視認性)がいいだろうなぁと思っていました。
ですので、検討していたのは、FREETELのKIWAMIとHuaweiのAscend Mate 7のどっちかでした。
どちらも発売されてから、ある程度経っていましたので、レビュー記事を見つつ判断したのが、
Ascend Mate7でした。

これが、僕を沼まで引きずり込んでしまいましたね(笑)
大画面で指紋認証も素早く正確かつ動作もキビキビとしていて、
中華メーカーだからと不安は、一気に吹き飛ぶどころか、
Huaweiの商品は、好んで買うようになりましたね。

これまでに、買って使ったHuawei製品は、
  • Ascend G6
  • P8max
  • Huwaei Y6
  • P9lite
  • Mate 9
  • P10lite
  • nova lite 2
  • P20 lite
  • Honor 8X Max
  • Qua Tab 2
  • dtab d-01j
  • dtab d-02H
  • dtab d-01H
  • dtab d-02K
  • MediaPad T2 7.0 Pro
  • MediaPad M2 8.0
  • MediaPad M3 Lite s
  • MediaPad T3 10 LTE
  • MediaPad T1 7.0 LTE
  • MediaPad M5 lite 8
になりますね。直近がMediaPad M5 lite 8でした。

そんな僕がリリース当初気になって、ずっと欲しかった機種は、P20 Proでした。
元々、Mate 9を使っていましたので、カメラの性能がいいのは知っていました。
(Mate 9とhonor 8X Maxで比較してました)
そこで、もちろんハイエンドかつスマホ初の3眼カメラ。
カメラ性能を点数で評価してる大手dxomarkで、当時1位。
かつ、今でも
15716744421720
P20 Proより上位の機種は、P20 Pro後にリリースされたものです。
iPhone XS Max、ASUS ZenFone 6、Galaxy Note 10、Pixel 3、HTC U12+はP20 Proより後に出てます。
※P20 Proの発売日は、2018年6月15日です。上に上げた機種は同年7月以降にリリースされた機種です。

まぁ…P30Proが出ていますので、型落ちですがそれでもカメラ性能は今でも通用するレベルです。
Kirin 970自体は、Kirin 960からプロセスルールの微細化、GPU性能の向上、LTEカテゴリーの上昇じたいですので、CPU性能だけで見るとさほどKirin 960とは代わりません。
実際にベンチマークも図ってみましたが、まぁ…それくらいかなっていう数値でした。

けれど、単純に端末の性能より、デザインの美しさや、カメラの性能、必要十分のスペックを兼ね備えてる機種が私には向くんだと思ってましたので、
P20Proをメイン機として、据えていこうと思ってます。




じゃんぱらとかイオシスさんとかで買うのも検討はしていたんですが、
偶々、池袋のゲオで中古Bランク、本体のみ、利用制限△、一番欲しかったミッドナイトブルーが約28000円で手に入ったのも決め手でしたね。

Bランクと言ってもお店それぞれ基準が異なるので一概にとは言えませんが、
僕が見た限り、背面に少し目立つ傷があくらいでした。

そこの店員曰く、キャリアモデルは安く、SIMフリーモデルが高めに設定されるみたいでした。
他だと、付属品(一部欠品)があって、利用世間△でも、4万円は軽く超えてしまいますので…
おまけに、期間限定で10%の割引も効いて、3万切る価格で念願の機種が手に入ったことで昨日から今日まで設定していました。

という、ちょっと嬉しかった出来事でした。

15711861486360
現在の作業環境場です。
左から、Lenovo 300e Chromebook(レビュー予定)+BluetoothキーボードのLogicool K380BL+BluetootマウスのLogicool M337BL
右のパソコンは、ThinkPad L570(Celeron 3965U/RAM:4GB/256 SSD)+無線式キーボード&マウスのLogicool MK275
主にブログの執筆、艦これ、GoogleドキュメントなどはChromebookの方で済ませてます。
また、Type-Cで充電出来ることやコンパクトさから、モバイル用途としても使っています。
Discordを使ったりして、TRPGをやったりファイルの移動などは、ThinkPadでこなしてます。


しかし、ブラウジングやTwitterなどは主にスマホでしています。
メイン機がXiaomi Mi Max 3
6.9インチにSnapdragon 636,RAM:4GB,ROM:64GBとツイッターをしたり、ブラウジングしたり、音楽やストリーミングサービス(主にLINE MUSIC)をしたりしています。
サブ機が、Xiaomi Black Shark 2
現行のハイエンドSoCであるSnapdragon 855にRAM:6GB,ROM128GBと普段使いからゲームも出来るスマホです(レビュー予定)。
あくまでも、スマホに置いては大画面でSNSアプリとブラウジングが快適に出来ることを重点に置いてますので、Mi Max 3がメイン機となってます。


次は、作業用BGMを流したり、音楽を聴く時に使うものを紹介します。
主に、Amazon Echo(ただし、中古で送料&税込みで3000円で買いましたが)、
または、Echoが遠くからでも接続可能なので、あまり使っていませんが、こちらのBluetoothスピーカーも使っています。
また、夜は近隣住民に配慮し、イヤホンまたはヘッドホンを使ってます。
イヤホンは、SoundPEATS TrueFree+やXiaomiのredmi AirDotsという完全ワイヤレスイヤホンを使っています。
ヘッドホンは、OneAudioという所のBluetoothかつノイズキャンセリング付きのヘッドホンを使っています。


所持タブレットですが、
メインタブレットが、Galaxy Tab A 8 with S Pen(2019)
S Penが使えるミッドレンジのタブレットです(レビュー予定)。
電子書籍を読む用のタブレットが、Likebook Mars
電子ペーパ搭載のAndroidタブレットです(こちらもレビュー予定)。
最後は、電子書籍を読むのにも使いますが、おもちゃ的な感覚で買った、
電子コミック読みまくリーダーです(こちらは、1,2,3回分けてレビューしました)。


次は、ウェアラブル端末の紹介です。
6,000歩を無理無い程度に歩くように言われているのと、スマートフォンの通知を逃さない為にもつけています。
Xiaomi Amazfit(中古5000円)とXiaomi Mi Band 4(新品4500円&レビュー予定)がメインとなっています。
どちらもほぼ同じ機能なのですが、Amazfitの方が常時点滅している為、今何時か確認出来るのが重宝しています。バッテリーの持ちもどちらも長いのも長所ですね。
サブに、Galaxy Fit e(新品3000円&レビュー予定)も持っていますが、Mi Band 4より、バッテリーの持ちが悪く機能も比べると少なめですので、あくまでもサブ機とペアリングして画面ロックのパスコードを打つのを省略するのにするくらいしか使ってません…


出先に必須なもの
Chromebookを持ち運ぶときや持っているタブレットが全てWi-FIモデルのため、
モバイルルーターは欠かせません。
メインは、Ymobileの603HWです。
ただ、サブとして、Aterm MR04LN(LINEモバイルのdocomoとソフバン回線)も持っています。

あとは、モバイルバッテリーが5つありますが、普段持ち歩くのはELECOMさんのモバイルバッテリー(10000mAh)とAnkerさんのモバイルバッテリー(大体は、5000mAhで状況によっては、20100mAh)も持ち歩きます。後は、遠出したり外泊したりする時の予備として使っています。

↑このページのトップヘ