ベンチマークの結果(こちら)は記事にして載せていますが、
改めて性能がどれくらいかを見ていこうと思います。

Geek Bench Ver.4

機種名 SoC CPUの構成シングルコアマルチコア
P20 Pro KIrin 970 A73(2.36GHz)×4+A53(1.8GHZ)×419046847
Mi Max 3 Snapdragon 636 A73(1.8GHz)×4+A53(1.6GHz)×413464865
SM-P200 Exynos 7904 A73(1.8GHz)×2+A53(1.6GHz)×613234079
Lenovo 300e MT8173C A72(2.11GHz)×2+A53(1.7GHz)×214912755
Likebook Mars RK3368 A53(1.42GHz)×4+A53(1.2GHz)×45541589
YMR8-DS MT8163 A53(1.3GHz)×45271421

となってます。
これは、big.LITTEの構成上、bigのA73のクロック数こそSnapdragon 636と同じですので、
結果も誤差の範囲ですが、マルチコアで比較すると、bigのクロック数A73のコア数が2個と少ないため、
マルチコアで差が付いてしまいました。
また、MT8173Cの方がクロック数が高いため、シングル性能では負けてしまいます。

Antutu ver.8

機種名 SoC スコアCPUGPUMEMUX
P20 Pro KIrin 970 26932481014917885705939463
Mi Max 3 Snapdragon 636 14229165007241632849424627
SM-P200 Exynos 7904 12296249422201032829625141

比較対象として、3機種上げました。
Geekbench 4で危惧したとおり、Snapdragon 636にMEMとUX性能以外では、負けてしまいました。
後述しますが、Exynos 7904には、Mali-G71の2コアがGPUとして使われています。
ハイエンドの部類には、入りますが、P20シリーズの一世代前のKirin 960でさえ、8つ搭載していますので、コア数の少なさ(とはいえ、ミッドレンジでは十分)で負けてしまいました。
MEM性能ですが、ほぼ誤差の範囲ですが、若干RAMや内臓ストレージの読み書きが早めです、
特に、UX性能ですが、ユーザーエクスペリエンスの略で、この数値が高いほど実利用時の快適さが違ってきます。
その点は、UX性能がSnapdragon 636搭載機に比べると高いのですので、ブラウジングなどには向いてるかもしれません。

PassMARK

機種名 SoC GPUの構成スコア
P20 Pro KIrin 970Mali-G72 MP12 7705
Mi Max 3 Snapdragon 636Adren 260 6384
Lenovo 300e MT8173CPowerVR GX6250 5769
SM-P200 Exynos 7904Mali-G72 MP2 5222
YMR8-DS MT8163Mali-T720 MP2 2858

PassMARKは、ざっくりいうと端末全体の性能を数値化したものです。
これだと、Mi Max 3どころか、Lenovo 300e Chromebookにすら負けてしまいます。
(ChromeOSの為、あくまでも参照値ですが)
MI Max 3の方が、RAMが多いので、ある程度の差が出ててしまいます。


まとめ
あくまで、ミッドレンジのタブレットです。
普通に8インチのタブレットが欲しい人は、MediaPad M5 lite 8を買うほうがいいと思います。
しかし、S Penという機能が欲しい、手書きメモを取りたい、簡単な絵を書きたい人がこの製品を買ったほうが良いと思います。