上社灼の雑記帳

ガジェットについてあれこれレビューしたり、考察してみたりしてます、

タグ:Galaxy

今回は、メインで使っているタブレットGalaxy Tab A 8 with S Pen 2019のレビュー第2弾です。
主に、S Penについて写真と共に紹介したいと思います。

先ずは、タブレットについてるS Penですが、

15714161239551
この大きさです。本体に収納出来ることも有り、コンパクトですね。
長時間、書き続けるのには向かないと思いますが、メモ取りやS Penについてるスクリーンショットの範囲を選択するといったくらいなら十分だと思われます。
15714161240052

なんとなくですが、S Penの形状が一時期使っていたGalazy Note Edgeに似ており、
Note 8までは、S Pen自体にBluetoothや電池式では無いことを知っていましたので、
せっかくなので、Note 8用のS Penを買いました。
そして、比較しました。
15714161240143

上が購入したNote 8用のS Penで、下がタブレットに付いていたS Penです。
長さのボタンの位置も何もかも一緒ですね。
つまり、流用出来ますね。
一応、替え芯もついてますが、紛失したときは、Note 8用のS Penを買えば使えるのは、とても助かりますね。

さて、今度は賭けですが、
付属してるS Penでも構わないのですが、長時間使っているには不向きです。
まして、絵を描くとなると大きな…もっと言うと鉛筆くらいのペンがあればと思いませんか???
実は、あるんですよ。これです。
S Pen

S Pen 2

ただ、Note 8対応とは明記されてませんし、Galaxy Tab Aとは書いてあっても、この機種では使えるかどうか不明なので、実際に買いました。
15714161240527
15714161241738

そして、普通に認識しますし、実際に賭けます。
15714161242079
字が下手なのは、スルーしていたがけると助かります。
最近、物を書く機会が少ないものですので…


普通に書けますし、これならペン代込でも40000円で済むので、どうしてもAndroidでって言う人にはおすすめですね。

もちろん、どっちのペンでもお馴染みのこれも使えますし、
15714161240305_1

Keepで書いたメモを他のAndroid端末やChromebookなどで共有も出来ますし、
手頃な手書きが出来るタブレットを探してる人の参考になれれば、幸いです。

今回は、メインで使っているタブレットGalaxy Tab A 8 with S Pen 2019のレビュー第1弾です。
主に、外観を撮った写真と共に紹介したいと思います。

15714067546130
パッケージは、今のGalaxyと統一されてますね。
前に、Galaxy Tab S3を使っていたこともありますが、すごくシンプルな外箱でしたので、
本来なら、開封の義と行きたいのですが、届いたのが半月も前なので今回もすっ飛ばします。
因みに、中身は充電器(ただし、日本未発売機種なので、コンセントプラグは合いません)、USB Type-Cケーブル、SIMピン(買ったのはWi-FI版ですがSIMフリー版も存在します)、後はよくあるクイックスタートガイドでした。



液晶面です。買ってすぐにこちらの液晶フィルムを貼っています。
Galaxy Tab S2やS3、GALAXY Tab A with S Pen SM-P350 では、アスペクト比が4:3でしたが、
Galaxy Tab S4から、アスペクト比は16:10となってしまったので、このタブレットもアスペクト比16:10です。
個人的には、アスペクト比4:3の方が好みなのですが…
15714077993081
裏面です、マット仕様って言うのでしょうか…
Galaxy Aシリーズ自体がSシリーズの廉価版という立ち位置なので、背面はプラスチックです。
ですが、ブラスチック特有のスベスベして落としそうな感覚ではなく、肌触りよく持っていてもうっかり落とすことは無いようになってます。
15714077993112
左側面ですが、付属のピンで開けるスロットがあります。
私の持っているのは、Wi-FI版ですのでmicroSDしか入りませんが、SIMフリー版だとnanoSIMも入ります。

15714077993143
上側面は、今どきのハイエンドスマホやタブレットですら見かけることが少なくなった、イヤホン端子があります。
私は、BluetoothやTypc-Cに統一していますが、持っているイヤホン/ヘッドホンでも音楽や動画を楽しめます。

15714077993324
右側面は、電源ボタンと音量調節ボタンです。
因みに、指紋認証は搭載されおりません。
ロック解除方法としたは、顔認証かPINやパターンを使った方法となります。
15714077993385
15714077993466

本体底面ですね。
廉価帯タブレットしては、USB Type-Cを搭載しているのは、個人的に嬉しいですね。
スピーカーも付いていますが、HuaweiのMediaPadみたいに2つ付いている訳ではありませんので、
まだ、スピーカーで音を鳴らしていませんので何とも言えませんが、あまり期待はしない方が良さそうです。
何より目玉としては、底面の左側にS Penが収納できることですね。
S Penについては、また別途書きますが、Galaxy Noteシリーズみたいに、本体に収納が出来るのは大きなポイントですね。サクッと取り出して、その場でメモを取ったり、S Penの機能を使えるのは便利ですからね。


次回は、そのS Penについて書こうと思います。
読んで下さりありがとうございました。

↑このページのトップヘ